プア充

今、プア充とゆう言葉がちょっとブームになっているそうです。

「貧しくても人生エンジョイできればそれでいいじゃないか」的な言葉の響き。

私の節約術と通じるものがありますが、でも私は「プア」で満足するのは良くないと思うんです。

プアでも健康で楽しいなら、別に良いと思うですよ。

でもね、人間っていつ病気になったりするか分からないし、病気じゃなくても体がおかしくなって働けなくなるか分からないです。

私は、立ち仕事をずっとしてて、立ってるのなんか全然平気でしたが
人不足から長時間労働を強いられて股関節に異常をきたし、
それがきっかけで退職せざるを得なくなった人間です。

ワーキングプアと言われるくらいの給料でしたが、
それでも健康なら定年まで働くつもりでした。

人生何があるか分からないから、蓄えは必要です。
手取りが少ない上に貯金もできないなら、
老後はそれこそ恐ろしい事になりそうで嫌です。

 

この「プア充」とゆう言葉は、もともと宗教学者?の島田 裕巳さんの著書から派生した言葉みたいで、本のほうは読んでませんが、Amazonレビューを見る限りでは、決してネガティブな思考ではないようです。

物欲主義に喝をいれるみたいな内容かなと勝手に解釈しました。

流行すると元々の言葉の意味と違うように流布する傾向があるので
「貧乏万歳 清貧最高」って意味には捉えないほうが良いと

ふとそんな事を思ったので書いてみました。

 

歳をとればとるほど色々とお金がかかるので、節約を大事にしてますが
節約至上主義とは言いきれない私の節約術。

ゆるい方が節約を始める人には楽かなと思ってこのブログを続けていきたいと思います。

 

最後までお読み頂きましてありがとうございました。

 

 

プア充 ―高収入は、要らない―
プア充 ―高収入は、要らない―

Related Articles:

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。