内部被ばく 3年後

[内部被ばく] ブログ村キーワード

 

内部被ばくの話の続きです。

先月の3.11で3年経った東日本大震災と福島第一原発事故。

この「3年」とゆう数字が知り合いのドクターによるとキーポイントになっているそうです。

政府が決めた食品の基準。

この基準のものを3年食べていると
3年後に健康被害が出てくる時期だと
仰ってました。

ここのところ増えている突然死や
がんが見つかってアッとゆう間に亡くなってしまうのは
内部被ばくの影響だと先生は考えているようです。

この3年説。

ネットで検索してみたらいろいろ情報が出てきました。

3年とゆうのは始まりの年数で、
7年後、10年後にはさらに被害が拡大している説が複数出てきました。

東京オリンピックなんてやってる場合じゃないとゆう意見もあります。

 

昨日、私はふと不思議に思いました。

中国からくるPM2.5や黄砂は大騒ぎされるのに
(健康被害があるからですが)
なぜ放射性物質に関しては天気予報で触れないんだろう、と。

福島原発では今も放射性物質が出ているのに
風でまき散らされているなんて冷静に考えれば当たり前だと思うです。

でも東京ではマスクもしないで歩いている人が大勢います。

つまり、外国の報道ってのは自国経済に関係ないから報道されるわけで
放射性物質は自国経済に関係あるから隠蔽されるんじゃないかと思ったのです。

外国からの食品の輸入品はかなり厳しい検査がある(でも緩いけど)のは
輸入できなくても国としてはダメージがないからじゃないのでしょうか。

 

例えば、狂牛病の時なんかはすぐにアメリカ牛肉の輸入を止めました。

牛丼チェーンとか外食産業はかなり困っていましたが、
それ以外に困るところが少ないじゃないですか。

でも国産品は生産者がいて、農協があって、農機具とか卸しとか
規制を強くするともの凄く影響が大きいです。

放射能被害は個人差がとても大きいので、
政府の決めた数値で生きていける人もいると思います。

 

でも私はそんな数字を信じて健康被害にあうのは嫌だし
小さい子どもは明らかにその数字ではまずい事になる可能性が高い。

だから現状、甲状腺に異常が見つかる子どもが増えているんだと思うんです。

甲状腺の異常は都内では大人も出てきているそうです。

 

飲み水もかなり危険です。

さっき、今年に入ってから金町浄水場でセシウムが検出されたとゆう事に触れている細川護煕元総理の外国人記者クラブでの話の動画を見つけて見てみました。

動画 ⇒ http://youtu.be/uxl41HI2E2g

東日本に住んでて、水道水を飲んだり料理に使っているならすぐに辞めたほうがいいですよ。

普通の浄水器を使ってても、です。

放射性物質を除去できる浄水器は、RO膜を使った逆浸透膜の浄水器だけなんですが、これがかなり高額です。

一番安いモデルで4万なんですが、機能が弱いらしく少人数家族向けみたいです。

商品 ⇒ コーウェイ 逆浸透膜浄水器 NEOS〈ネオス〉

モーターが内蔵してないので廉価になっているようですが、
レビューを見ると使い勝手は決して良くないようです。

機能を求めるとこの商品の倍ぐらいの価格になります。

同じページの
「この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています」
に同系列の商品が並んでいますがかなり高額です。

安心して飲めるなら安い、って考える事もできますが。

 

それなら、ウォーターサーバーのお水で、RO膜を使ったお水を宅配してもらおうかとゆう事を今、我が家は検討しています。

RO水と言えば、
最近はスーパーでもそうゆうお水の無料サービスをやっているお店が多いので、
費用をかけたくない場合はそうゆうお水を利用するのもおすすめです。

うちの近所だとサミットのお水はそのままでも飲めるお水です。
西友のは加熱しないと飲めません。
西友のお水はRO水ではなくてアルカリイオン水だそうです。
(少なくともうちの近所のお店の話です)

 

実は我が家ではすでにウォーターサーバーを使っているんですが、
このお水は富士山の天然水のお水です。

天然水でミネラルが豊富でとても美味しくて気に入ってたんですが、
このお水の放射性物質の検査はセシウムだけしかしていませんでした。

私は「放射性物質検査済み」と書かれているので安心しきっていましたが
ストロンチウムの方が実は意外と危険なんだそうです。

いろいろ調べている間にその事実を知りました。

セシウムが取り沙汰されるのは半減期が長いのと
健康被害としてがんになりやすいからみたいですが、
ストロンチウムも半減期は長く、
しかも体内に取り込まれて骨に吸着されて、
吸着したものは体外に出ないそうです。

ストロンチウムの構造がカルシウムと似ている事から起きる現象らしいです。

ちなみにセシウムはカリウムと似ているそうです。
(だからゼオライトでカリウムが足りなくなる)

この情報はかなりショックだったんですが、
なんとかする方法を見つけたので、その話はまた次回ご紹介いたします。

なんとかすると言っても骨に入ったストロンチウムは出せないので
少しでも入れない工夫(マスクをするとか水を選ぶとか)は必要です。

マスクもN95規格とゆうマスクじゃないと
放射性物質が入ることを阻止できません。

近所のドンキホーテでこの規格のマスクは1種類だけありました。

5枚で500円弱です。

花粉症対策マスクはたくさん売られているんですが、
N95規格が1種類しかない事に
都民がいかに知らされずに関心がないかを垣間見た気分です。

 

この額では高いので私は楽天でお買い得品を探して買いました。
消費税の増税の影響で発送が遅くなってるそうです。

早く来てほしい。。。(切実)

 

放射能物質対策でいろいろ散財です。
でも自分の事は自分でしか守れないのが現状なので仕方ないです。

早く引っ越ししたい。。。

 

今回も長文になってしまいました。

内部被ばく対策の参考にしていただければ幸いです。

長文を最後までお読みいただきましてありがとうございました。

Related Articles:

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。