内部被ばく

前回の記事に引き続き、内部被ばく対策をいろいろ調べました。

その中で分かってきた内部被ばく対策を紹介していきたいと思います。

 

私自身も原発事故以降、健康被害についてはかなり心配していたので
今までもいろいろ対策はしてきていました。

例えば、放射線物質で健康被害が出る代表的な病気と言えば
がんだと思っていたので、
ガン対策に有効なサプリや食品を摂るようにはしてました。

でも、先日の知り合いのドクターの話では、
それだけでは不十分だとゆう事が分かったのです。

ドクターと私には利害関係がまったくないので、
かなり正直に現実に今都内で起きている事と、
医者目線での内部被ばく対策を教えてもらいました。

まず、内部被ばくによって起きる症状はかなりいろいろある、とゆう事です。

具体的に書くと30代、40代の突然死が増えているそうです。

例えば交番勤務のおまわりさんの突然死を
そのドクターはよく聞くようになっているそうです。

 

ここでちょっとそのドクターについて説明します。

普段は大きな病院に勤務しているんですが、ご自身で診療所も開いていて、
私はその診療所で知り合った元患者です。

診療所はそんなに診察日がないのでかけもちで仕事ができるようです。

で、そちらの大病院にはかなり多くの患者さんが日々運ばれてくるので、
医療の前線の現場も知っている立場にあります。

 

つまり、異常な死に方をする人がかなり増えているのを目の当たりに見て、
それに危機感を覚えて西日本に避難するように忠告したり、
診療所の中には内部被ばくの情報を集めたファイルを置いてあったり、
脱原発にも真剣に取り組んでいます。

そんな彼女(女医さんです)が必死になって食事からの内部被ばくを危険に思い、
私やおそらく診療所の患者さんに訴えているんだと思います。

 

そのドクターの説明によると、食べても大丈夫な食品は

・西日本産の野菜や農産物

・西日本の近海魚、海草、貝類

・肉は国産よりも輸入品

と、これだけです。

 

私は日々お豆腐をかなり食べているんですが、
お豆腐も国産大豆の場合、大豆の産地が北海道に偏っていて、
大豆などの穀物は放射性物質が種子に残るので良くない、と言われました。

肉の国産品については、飼料が東日本から流入しているので
それを食べる事で内部被ばくし、
その肉を食べるのはリスクがあるからだそうです。

家畜の飼料も西日本が産地なら安心できるそうですが、
そこまで消費者に調べられる術がないのが現状です。

同様にきのこ類もきのこを栽培する時の培地が汚染されている可能性が高いそうです。

先生もきのこ類がとても好きなんだそうですが、
そうゆうリスクがある事を知り食べるのを辞めているそうです。

 

先生はいったい何を食べているんだろう、とゆうぐらい
食べられるものがあまりにもない事に驚きました。

 

私はその話を聞いて、どうしても体内に入るのを防げないなら
入ってきたものを出す事ができればまだなんとかなるんじゃないかと考えました。

実は、セシウムなどの放射性物質を吸着するものにゼオライトとゆうのがあります。

ゼオライトは原発事故直後に飲料水への不安がとても高まり、
ゼオライトを使った浄水器が人気になっていました。

RO膜を使った浄水器も放射性物質を濾過して安全な飲み水に変えるとゆう浄水器もあり、
この浄水器にゼオライトが使われている商品も存在します。

ゼオライトの効果はチェルノブイリでもかなり使われて立証されているそうなので
ゼオライト自体には怪しさはありません。

ゼオライトは確かにセシウムやストロンチウムを吸着する効果があるんですが、
無毒化するわけではないそうです。

つまり浄水器として使うには効果がありますが
人がゼオライトを飲んだ場合には効果は不明です。

検証例がネット上にないのです。

でも少しでも可能性があるかもしれないと思って、さらに調べてみました。

体内に取り込まれたセシウムはずっと体内に蓄積していくものでもないそうです。
福島県の子どもの健康診断で尿からセシウムが見つかったとゆうニュースを見つけました。
そのニュースはそれはそれで衝撃ですが、
逆に考えれば尿から出てくるものでもあるとゆう事です。

当然腎臓など内臓を傷付けつつ排泄されてきているので
悲惨なニュースではありますが、
体外に出ていくとゆう面でゼオライトに吸着させて排泄できれば
もしかしたら健康被害が少しでも防げるんじゃないか?と考えました。

ゼオライトは鉱石で世界中のあちこちにある物質なんだそうです。

入手は特に困難ではないものですが、
ゼオライトを飲む事で副作用があるそうです。

セシウムとカリウムは似ているらしく、
ゼオライトは体内のカリウムも吸収してしまうそうです。

つまり飲み過ぎるとカリウム欠乏症になって他の症状を引き起こすそうです。

カリウム欠乏症の具体的な症状としては

脱力感、無表情、無関心、無気力、うとうと状態、筋力低下、食欲不振、
吐き気、いらだち、非合理的行動

重度では筋肉麻痺、横隔膜の不動と血圧低下由来の呼吸不全

なのでゼオライトを服用する時にはカリウムも積極的に取る必要があるそうです。
カリウムは野菜や芋に多く含まれています。
サプリメントで補助するのも有効です。

ゼオライトは粉末のものがあったり、液体のものがあったりいろいろです。

でもこれはあくまでも理論的な話だし、
私もオタクではありますが専門家ではないので、
絶対的に効果があるとは言いにくいです。

ところで、このゼオライト。

私は水素サプリをがん予防のために飲んでいるんですが、
水素サプリにもこのゼオライトを使ったサプリがあり、
飲んだ事があります。

そのサプリの会社の説明によると
ゼオライトは体内でマイナス水素イオンを発生させて
活性酸素(フリーラジカルとも言うそうです)を
このマイナス水素イオンが吸着し
活性酸素によって起こる様々な症状の予防・改善になる、とゆう説明でした。

他の水素サプリの会社の説明も原料が違うだけでほぼ同じ説明です。

 

ゼオライトはそのものだけでもセシウムを吸着しますが、
マイナス水素イオンを発生させる効果もあるとゆう事になるようです。

私自身は水素サプリの効果の高さは身をもって知っているので
その説明は納得できる話ですが、
水素サプリが効かないとゆうかたも中にはいらっしゃいます。

体質などによる個体差、かもしれません。

なのでここで商品の紹介は控えますが、
内部被ばく予防になるならとお考えでしたら検索して調べてみてください。

関連性をかなり調べましたが限界になりました。

ウィキペディアに説明があったんですが私の脳では理解不能でした。

こうゆう時に理系脳がないのが悔しかったりします。

 

なぜゼオライトがマイナス水素イオンを発生させるのかも分からなかったし、
ゼオライトがセシウム以外の放射性物質に効果があるのかも分かりませんでした。
(ストロンチウムは吸着するそうです)

それにそのサプリを飲んだらカリウム欠乏症になる事が書かれていないのが
また疑問だとゆう事もあります。
欠乏症になるほどの量ではないのかもしれません。

ちなみに水素サプリにもピンからキリまであって、
中には効果があまりない商品がある事も知っています。

かなり今までいろんな水素サプリを飲み比べています。
もし購入する時には口コミを参考にするなどして気をつけてください。

私としては少しでも健康被害を防ぐ可能性があるなら
何でも試してみたいと考えるタチですが、
放射能の影響を受ける量は1人1人まったく違うそうなので
何の対策をしなくても元気な人は元気でいられるんだそうです。

逆に少量でも影響が出ているかたも現実にいらっしゃるようで
その方の被爆対策はかなり参考になりました。

私は昔から食べるものから受ける健康被害とゆうものが一番恐ろしいと思っていて、
ダイオキシンに始まり海洋汚染や農薬被害など
うんざりするほど食べるモノには気をつけています。

なので、こんな風にかなり神経質になっていますが、
こんなに神経質になるのもまた逆にストレスになって良くない
とゆう事も知っています。

 

しかし私はともかく、これから大人になって結婚して子どもを産む世代にとって
内部被ばくはとても深刻な問題です。

被災地の支援はとても大事だと考えていますが、
支援をする事で健康を損なうようでは本末転倒です。

自分や家族を守りつつ被災地にとって支援になる事を
考えていこうと思う事にしました。

 

今回、まだまだ書き切れないほどいろいろな情報が得られたので、順次紹介してまいります。

私のようにご自身や次世代の健康を気にしてらっしゃるかたに
少しでも参考にしていただければ幸いです。

 

長文を最後までお読みいただきましてありがとうございました。

Related Articles:

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。