内部被曝 東京

[内部被曝対策] ブログ村キーワード

 

水からの内部被曝を意識し始めると、いろんな事を気づき始めました。

例えば、野菜。

ほうれん草みたいな葉物は茹でてから水で冷やしますよね。

野菜はよく洗えば外側に付着している有害物質は取り除けるとゆう話を
震災後にテレビで紹介していました。

なので、茹でる前は浄水器のお水で普通に洗い
茹でる水はサミットでもらってきたRO水を使いますが
茹でた後に冷やす水が足りない事に気づいて
仕方なく水道水(浄水)で冷やしました。

流水で短時間で冷やさないと変色してしまいますが
この時はやむなくお湯から取り出したほうれん草を一度だけ
浄水を張ったボールに入れて冷ます程度(熱くない程度)で留めました。

茹でる事で野菜の中にあるアクや有害物質を多少は排除できているとは思うものの
冷やす水が汚染されていたら意味ないかも、なんて感じました。

こんな風に都内の水が汚染されているのはかなり深刻です。

知恵袋(Yahoo!知恵袋)に内部被曝に関する情報がたくさんあるので
よく見るんですが

回答欄にあった

「お金がないと健康を維持する事もできないのか」

とゆう一文に、とても共感しました。

逆浸透膜の浄水器があれば、今回のような事にもならないよなぁって。

まぁペットボトルのお水を使えば良いんですが
やはりついついもったいない、と思ってしまっています。

こうゆうのが積もり積もって健康被害が出るんだろうけど。

お金を気にしないでお水を使えていた昔の日本は
それだけで豊かだったんだなぁと思い知らされました。

その事実を当たり前のように享受して
便利さと快適さばかりを追求してきた現代人に
しっぺ返しをしているのが今の状況なのかもしれません。

 

水が汚染されているとゆう事は洗顔や入浴にだって少なからず影響があります。

都内だったか福島だったか忘れてしまいましたが
洗面所の水で目を洗って目に異常が出た小学生の話も読みました。

そのお子さんの家庭は今は母子で九州に避難しているそうです。

炭にはゼオライトと同様に有害物質を吸着する効果があるので
木炭や竹炭、活性炭をお風呂に入れるのは効果があるかもしれません。

飲料には向いていませんが、入浴程度ならある程度軽減されるそうなので
こうゆう対策方法もあります。

(あくまでも個人的な推測です。)

ただし、目を洗うのは純水(RO水)や精製水(蒸留水)じゃないと
目はかなり影響を受けやすいので要注意です。

 

こないだも台所仕事をしている時にふと思った事です。

野菜についている有害物質は水で洗い流せば大丈夫、とゆう事は

有害物質は下水を通じて海に出て行くわけですよね。

それと、使わなかった野菜くずは燃えるゴミとして
焼却場に行って燃やされているわけですが
そこからだって有害物質が大気に放出されている事になっているのではないでしょうか。

スーパーとかは店頭に出す前にキャベツの外側の葉っぱとか
大根の葉っぱはどんどん廃棄しています。
売れ残りは総菜に使わなかったらそれもそのまま廃棄です。

東日本の農産物は都内に大量に流通しているので
つまり放射性物質も東京にどんどん流入しているとゆう事にもなるのではないでしょうか?

それが下水に流れ
不要な食材は焼却場で燃やされているのです。

この内部被曝に関する記事を書き始めた時に
最初に書いた記事に出てくるドクターに

「東京湾の汚染はかなり酷い」

とゆう事も言われました。

江戸前のモノを食べるのは自殺行為に近いとも。

ドジョウとか、ありえない!ぐらいの勢いで言われました。

 

 

こうゆう影響まで考えて、政府が基準値を決めているとは
あまり思えないです。

それは
今まで政府がそうゆうトータル的な影響を考慮しているとは思えない事ばかりで
縦割り行政の偏った視点でしか物事を決めていないからです。

 

こんな風に真綿で首を絞めるかのように
ジワジワと健康を害され
それが放射能汚染の影響とは認められる事なく
人生を終わらせる事になりかねません。

人口が多い事でかなりリスクは高まっているはずです。

最近、著名人の亡くなる原因が
どうも放射能の影響で亡くなっているんじゃないかと
そんな風に感じる死因が多いように感じています。

私もかなり神経質になっているので
そうゆう風に感じているだけかもしれないとゆう事は承知しています。

東京都民はこれからますます自己防衛が必要になる事が
この流通の流れからさらにハッキリと認識できました。

 

子どもが外でマスクもしないで歩いているのを見ると
学校とかはこうゆう事実を何も知らないのかと
あまりの残念さに頭を抱えたくなります。

学校も、行政も、子どもを守ろうって真剣に思っているなら
今起きている事をもっとリサーチして
現状に活かすべきではないですか?

親がいくら言ったところで、子どもは周囲がしてなければ
親の言ってる事の方がおかしいと思って
マスクのような煩わしいものはつけたくないでしょう?

18歳の娘ですらそうなんだから
学校や行政が率先してやるべきなのに
無知なのか、隠蔽なのか分かりませんが
対策してない事に憤りを感じずにいられません。

 

東京都全体に危機的状況を知らせるとパニックになるから
知った人だけ、自己費用で避難してください
って事なんだと
最近そんな風に思っています。

 

内部被曝対策をする必要がないとゆうかたは
突然死した時のための準備が必要だと思います。

 

突然死は30代の男性に増えているそうですよ。
東京都内の話です。

脅しではなく現状認識は大事だと思うので一応、忠告です。

 

ヘビーな話が続いているこのブログですが
これからも情報を発信していきたいと思います。

でも、神経質になりすぎるのも内部被曝の影響を受けやすいので
ストレス発散はとても大事です。

私もこんな情報ばかり調べていてかなりヘビーな気分でいましたが
好きな音楽をヘビロテで聴く事でかなりストレスは解消できました。

まだまだ書きたい事がたくさんありますが
今回はここまでにしておきます。

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

Related Articles:

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。