地球温暖化対策税

[地球温暖化詐欺] ブログ村キーワード

 

さっき知ったんですが、今年は消費税の増税の他に、
地球温暖化対策税とゆうのが施行されるんだそうです。

 

CO2の排出を減らす為に石油製品(ガソリンとか)に課税するとゆうもの。

 

ここで私は、今まで考えていた事がほぼ全て解決できました。

 

地球温暖化が嘘だとゆうのはけっこうあちこちで言われていて、
なんでそんな事を言い始めたのかってゆうのは
原子力発電所を正当化するためだってゆう事を何年か前に知りました。

確かに東京にいると夏とかはかなり暑いですし、
今年は大雪でしたがそれ以前はかなり長い間、
大雪が積もったりする事がなかったです。

まぁこれは身近な例ですが。

でも地球温暖化とゆう事を知らされた時から数十年経過してますが、
当時、海水上昇で沈むと言われていた島は沈んでないし、
南極や北極の氷も減っていない、とテレビ番組で観ました。
(数年前の話です)

 

原発事故後、いろいろネットや本で調べましたが、
地球温暖化はやはり原発を正当化するための言い訳だったんだと、
私の中で確信してました。

 

ところが、です。

今回、この嘘っぱちの地球温暖化の対策のために、
更に国民に課税しようとしている事にかなり驚愕しています。

 

政府は私たち国民をただの金づるだと思っているのでしょうか。

 

その証拠に未だに小学校では地球温暖化を教えているそうです。
この課税制度が正しいんだと信じ込ませるための洗脳ではないでしょうか。

寒冷化に進んでいるとゆう話もありますし
温暖化しているとして、原因がCO2だとゆうことは断定できてないようなのです。

温暖化がCO2が原因じゃないとしたらとんでもない詐欺課税です。

 

原発事故で被爆してがんや白血病を発病した人の補償などしらばっくれているのに、
まだ地球温暖化を正当化して課税しようとしているなんて、
頭がどうにかしているとしか思えません。

 

国民の事を奴隷か何かと勘違いしているのではと、神経を疑うばかりです。

 

前回の国政選挙で自民党が勝った時に、私はもう本当に終わったと思いましたが、
まさかここまで酷い大嘘を正当化してくるとは、甘くみていたようです。

今、私に経済的な余裕があったら間違いなく海外に移住します。

経済的な余裕があるかたたちが海外に移住する気持ちがとてもよく分かりました。

 

実は、ちょっと本題とずれるんですが、最近他にも衝撃的な事実を知ってかなり精神的に参ってます。

 

マスコミはほとんど報道しないか、しても小さく取り上げているだけなんですが、
福島の子どもの甲状腺がんがかなりの人数で確認されています。

 

18歳未満が甲状腺がんになる率は100万人に1人くらいと言われているそうですが、
福島では現在検査をした子どもだけで数十人いるそうです。

一部報道では33人と言われていますが、これはすでに手術などを終えている子どもの数で、
再検査待ちの子どもも入れたらもっと多いです。

 

再検査に数ヶ月待ちとゆうクレイジーな状況に付け加えて、
甲状腺がんは被爆の影響では無いと、
またクレイジーな医者が言っています。

 

確かに事故当時の被曝線量では影響が出ないレベルなのかもしれません。

しかし、日々内部被曝が進行している事には一切触れていないのです。

 

実は内部被曝の事も先日、2日ほどかけていろいろ調べました。
調べるきっかけになったのは知り合いのドクターに
「調べてごらん」と言われた事からです。

2日調べたらあまりにも酷い頭痛に襲われ断念したくらい
酷い話がボロボロと出てきました。

NAVERでまとめられているページがあり
そのページの情報と、そこから知った情報をさらに検索して調べました。

NAVER ⇒ 内部被ばく – NAVER まとめ

 

内部被曝は空気はもちろんですが、食品汚染がかなり深刻なようです。

国の定めている基準内なら出荷できるんですが、その基準が、
数年後には確実に健康被害が出る量だと、
そのドクターに教えてもらいました。

つまり食べるものをしっかり選ばないとどんどん内部被曝が進行するそうです。

そのドクターは好きだったきのこ類は泣く泣く食べるのを辞め、
ダシを取るのも汚染されていない鰹節の本枯節を買って
毎回削ってダシを取っていると言ってました。

食品に関する話はまた今度書きます。

食品汚染は西日本にも流入しているそうなので、
内部被曝は東日本だけの話ではないそうです。

 

そして、福島だけではなく子どもたちに異常が出ているのは東京でも同じでした。

 

東京の場合は甲状腺の「嚢胞(のうほう)」とゆう症状が
子どもや大人にかなり見られるようになっているそうです。

この話は小平市で町医者として臨床に携わっているドクターの講演会動画で聞きました。

動画URL http://youtu.be/VfuEZPvsWm8

2時間とかなり長い講演なのでお時間が許す時に、是非ご覧になってください。

東日本に住んでいる人にとって他人事ではない大事な話をしてらっしゃいます。

東北、関東、上信越。このエリアに住む人全員に関係ある話です。身内がいらっしゃる方も是非ご覧になってこの事実を伝えてください。

 

現在の自分の内部被曝状況は血液検査で、ある程度分かるんだそうですが、
それを受け付ける病院が都内にはほとんどないそうです。

いろんな事があまりにも衝撃的すぎて鬱になりそうです。

この動画を見たあと、WHOは原発事故の被爆による健康被害には介入してはいけないとゆう協定をIAEAと結んでいる事も知りました。

 

私たちは奴隷のように国から搾取され、モルモットのように人体実験をされているようなものです。

このまま東京に居続けたら私の娘にも影響は少なからず出るでしょう。

 

そう思ったら

やはりこのまま東京にいる事はできない

と判断しました。

 

なるべく早くお金を貯めて、西日本か海外へ移住する計画を立てる事にしました。

 

大げさな、と思われてもかまいませんが、
内部被曝は着実に東日本に住む私たちを蝕んでいます。

手遅れになってからでは遅いです。

 

そう思われて西日本に移住した方はけっこういらっしゃるそうです。

国に殺されるなんてまっぴらだと思われる方はいろいろ検索して調べてみてください。

自分の身は自分で守るしかありません。家族がいれば当然家族もです。

被災したかたの中には子どもを避難させるために離婚するケースもかなり多いそうです。

意見の対立で親が離婚するのを見るのは子どもも辛いはずです。
ましてや自分の事が原因だと思ってかなりストレスになる子もいるでしょう。

家族がこんな事でバラバラになってはいけないと思います。

 

チェルノブイリの事故後の経過を当てはめると、
福島県はいずれ全県避難する可能性もありえます。

避難先が東京など東日本ではなく西日本になる事を願ってやみません。

これから就職をしようとしているかたは西日本で働くべきだとも思います。就職から結婚への流れがあって出産する事を考えたら、です。

 

国に殺されずにみんなで生き延びたいです。

 

 

最初の「地球温暖化対策税」からちょっと話が逸れましたが、
一応一連の流れとして私の中にあったので、
とても長文になってしまいましたが書いてしまいました。

「知らない」では本当に殺されてしまうのを待つだけです。

私はもう、子どももそれなりに大きくなったので、
死んでしまっても心残りは少ないですが、
国に殺されるのだけは絶対に嫌です。

絶対に生き抜いてこの腐った政治の行く末を見届けたいと思ってます。

 

 

現代がここまでサバイバルだった事にショックでしたが、
どうも私は平和ボケしていたようです。

気づいて良かった。

 

 

長文を最後までお読みいただきましてありがとうございます。

この記事を読まれたかたに何か感じる事があれば幸いです。

ここに書いた事は私の思い込みによる検索結果から導かれた考えである可能性もありますので間違っている可能性も大いにある事もご了承ください。

 

でも原発は絶対に要らない、動かしてはいけないと、主張は変えません。

 

次回は食品に関する話と、内部被曝対策について書こうと思います。

Related Articles:

    Share on Facebook
    LINEで送る
    Pocket

    コメントは受け付けていません。